薄毛対策のウィッグの管理方法

ウィッグは、いち早く薄毛の状態を見られなくするのに効果的です。昔の言葉で言うとかつらになるウィッグは、ロングの髪型を楽しむだけでなく、薄毛対策に役立ちます。ウィッグの良いところは、装着した瞬間、薄毛部分を隠すことができるところです。瞬時に対応できる便利なグッズです。ただ価格が高いのがネックです。オーダーメイドした場合、数万円~10数万円はします。既成品の部分ウィッグであれば、1万円以下で購入できるのですが、質はかなり悪くなります。

ウィッグは、それなりに管理してやる必要もあります。ウィッグ全体にシリコンスプレーを吹き掛けるとよく、全体を毛先からとかして絡みをとります。その後、オイルミストスプレーを吹き掛けて乾かすとよいです。乾いた後は、ウィッグスタンドに掛けて再びとかします。そして後ろで一つにゴムで二回縛りするとよく、ロングウィッグ用の保護ネットを、髪をまとめた部分にだけ巻き付けて保管すると長持ちします。頭頂部にも別の保護ネットを使うとよく、ウィッグ全体を保護ネットで保護することができます。この方法で管理すると、絡みの問題が改善されます。

頭皮の乾燥対策|フケ・かゆみを解消する化粧水・シャンプー

薄毛の男性には喫煙者が多いって本当?

薄毛の男性には喫煙者が多いってよく言いますが、これは本当のことです。喫煙は薄毛を促進するからです。喫煙をやめると薄毛が改善するといわれていて、それだけ、喫煙が薄毛に与える影響が大きいことを示しています。薄毛の男性には喫煙者が多いというのは事実で、薄毛を気にしているなら、喫煙をやめることです。喫煙ははっきり言って、薄毛の原因になります。喫煙をやめれば薄毛が改善するというのは、逆に言えば、喫煙は薄毛を促進させるということです。健康に悪いと言われるタバコは、毛髪にもよくないのです。喫煙は薄毛を助長させるものなので、かなり危険です。髪の毛の主成分であるケラチンや男性ホルモンに喫煙が直接影響することはないのですが、タバコを吸うと血管が収縮します。そうすると頭皮の血管にも影響が出てきます。毛髪の育成に必要な栄養素は血液に乗って運ばれてくるので、喫煙で血管が収縮して血行が悪くなると、栄養が毛髪に届かなくなります。
喫煙者と非喫煙者の薄毛率の確かなデータがあるわけではありませんが、喫煙が育毛に悪い影響を与えるのは事実で、毛髪のために喫煙がよくないのは確かです。薄毛と関係がなくても禁煙するに越したことはありません。

頭皮のかさぶたを治す